泊真美子(とまり・まみこ)

(ピアノ)

大阪府出身。東京藝術大学音楽学部ピアノ科卒業。第72回日本音楽コンクール第1位。併せて、聴衆賞、井口賞、河合賞、野村賞受賞。
これまでに、沼尻竜典指揮・東京交響楽団、高関健指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団、渡邊一正指揮・札幌交響楽団他と共演。放送においても、NHK-FM名曲リサイタル、NHKふれあいトークコンサート等に出演している。近年、財団法人地域創造の「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティストとして、ワークショップや演奏を行う他、サントリー芸術財団サマーフェスティバル(2013年9月サントリーホール)において、20世紀の巨匠リゲティ作曲「エチュード」第3巻全曲を演奏するなど、活動の場を広げている。


・泊 真美子ピアノリサイタル~ショパンと邦人作品の調べ~【WWCC-7531】
・泊 真美子 二大ピアノソナタを弾く~フランツ・リストと土田英介の世界~【WWCC-7589】
・ベートーヴェン・ピアノソナタ~熱情・悲愴・ワルトシュタイン~【WWCC-7656】
・「ドン・ジョバンニの回想」~華麗なるピアニズム リスト作品集~【WWCC7720】 ★好評発売中

(泊真美子 Website)
http://mamikotone.exblog.jp/

(泊真美子 Photo blog)
http://mamikotomari.blog71.fc2.com/

≪音源配信≫
■ PTNA(ピティナ)のホームページで運営されている“ピアノ曲事典”において、泊真美子の演奏が登録配信されています。★こちらから


 

■女声合唱とピアノのための「音色(おんしょく)は何色ですか?」(音楽之友社) (作詞:泊真美子/作曲:土田英介)   ★詳細はこちらから


  ★泊真美子からのメッセージ

〈詩によせて〉

この詩は、詩人で雑誌の編集長でもおられる一色真理(いっしき まこと)氏から
ピアノ弾きの私へ「眼には見えない音色について自由に書いてほしい」という
依頼の下に生まれたエッセイです。

これを書いていた頃の私は、まさに孤独や不安の中で
何の為に来る日も来る日もピアノを弾いているのか?
いつか何かが報われるか?
生きる意味や幸せの形を問い続け
出会うすべての事に全力で燃焼していたように思います。

「音色(おんしょく)は何色ですか?」という言葉の後ろには
決してピアニストの孤独だけではなく

すべての人が 日々の営みの中に
ふと抱える不安や孤独を含みたい。

誰にも分りえない境地に遭遇すると
世の中で自分だけが取り残されるような
言いようのない気持ちに襲われる事もあります。

それでも、いつかきっと見出せるはずの何か
目には見えぬ未来の自分を信じ

長い暗闇での葛藤が いかに辛いかではなく

出来ることなら
喜びや希望、情熱を伝えられる人間になりたいという
願いを込め、書きました。

その後 年月が経ち このつたない詩に
音楽が与えられることなど知る由もなく。

ひとつの作品としてこのような形で演奏、出版まで繫げて下さった
多くの方々の真心と、純粋な情熱の出会いの軌跡に
心を込め ここに深く感謝を申し上げます。
■ベートーヴェン・ピアノソナタ~熱情・悲愴・ワルトシュタイン~ ( WWCC-7656 )
■二大ピアノソナタを弾く~フランツ・リストと土田英介の世界~ ( WWCC-7589 )
■泊真美子ピアノリサイタル~ショパンと邦人の作品の調べ~ ( WWCC-7531 )
■「ドン・ジョバンニの回想」 - ~華麗なるピアニズム リスト作品集~ ( ナミ・レコード WWCC7720 )
【収録曲】バラード 第2番、ペトラルカのソネット第104番、エステ荘の噴水、スペイン狂詩曲、献呈 、【演奏】泊真美子


スケジュール

<< 前月 | 2017年2月 | 次月 >>

登録されたスケジュールはありません。